古志の玉は静かに暮らしたい

金魚飼育、旅行や趣味の日記

Entries

2010玉サバ稚魚

徐に60cm水槽に入れた稚魚たちを選別したら4匹になり餌の食いが悪くなったので池から野池育ちの稚魚をすくって水槽に入れてみた。



↑動画グループ1の仔たち!!
          グループ2・3の仔たちは後日公開いたします。凄く小さいです!



VM01.jpg
↑野池では水槽の仔たちより大きな仔が沢山いますが体高が今一!
  体が一番大きく!体高がある4匹は画像でわかると思います・・・一番右上のピンボケの仔など・・・



VM02.jpg
↑水槽の飼育の方が給餌の回数が多く狭い限られた範囲のため餌にすぐにたどり着く事が出来る為と考える。
 逆に野池は広すぎるため餌にたどりつけない場合もあるのでは・・・!私の場合親魚と一緒というのがマイナス要因と思われる。
 やっぱこのくらいの時期は群れで水槽飼育!給餌機で餌ガンガンが効率が良いのでは・・・
ただ紅については、遺伝的なものもあるが野池飼育の方が圧倒的に良い結果が出ると思われる!




VM03.jpg
↑網を池にいれたら普通鱗がすくえたので写真を撮りました・・・




VM04.jpg
↑最近の猛暑で水温は31度 全然餌の食いが悪くなった・・・
    鰭に赤みが出ていますね~まあこれくらいは大丈夫ですが・・・
      それより冷夏じゃなかったのか!!




VM05.jpg
↑夕方2階トイレの窓から野池を撮影 横

よくみると!玉サバが水面でバシャばしゃっとしている様子が凄く小さく写ってます!




VM06.jpg
↑夕方2階トイレの窓から野池を撮影 縦




☆このブログの金魚画像等については基本的にコピー可です!じゃんじゃんコピーして下さい。ただし条件としてはご利用の状況等をご一報ご連絡下さい。つよ玉

☆ブログランキングに参加しています。
 ↓ 越後玉サバをメジャーにしたい為一押しお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ
にほんブログ村


*Comment

わくわく 

暑い!暑い!新潟は涼しいイメージがあるんですが?

立派な普通鱗のたまさば…写真を見ているだけでもワクワク、ゾクゾクしますね!

つよ玉さんの動画や写真は私にとっていい教科書です。良いたまさばを見て目を養っています。

質問
たまさばの他に喋尾を飼育しているんですが、素赤の喋尾が色抜けして尾鰭以外が真っ白になりました。たまさばでも色抜けする事があるのですか?

《たまさばが動なら喋尾は静ですね》

けん


  • posted by けん 
  • URL 
  • 2010.07/22 11:23分 
  • [Edit]

NoTitle 

どきどき(^^)
けんさんこんにちは!・・・今日も暑いですね~

蝶尾ですか~
色抜けについてですが!玉サバの赤の質も個体により様々ですが色揚げをあたえ通常の飼育であれば色が抜けることはほとんどないと思われます。ただ、ざまざまな外的ストレスにより色は抜けます。飼育環境によるもの、過剰な光、水槽の色、水質の急な変化、水温の急な変化、物音、過密飼育等や、また、特に病気中に良く発生します。色揚げ飼料で色が戻らない個体もありますががその逆もあります。同じ種でも個体によってストレスに強い弱いがあると思われますが、自分の身になって飼育することが望ましいと思います。うん~原因を突き止めることが出来ればいいのですが・・・頑張ってください。つよ玉
  • posted by  
  • URL 
  • 2010.07/22 14:05分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

つよ玉

Author:つよ玉
素敵な玉サバを全国のみなさんに知っていただきたい!バランスの良い体型と精悍な顔立ち!疲れた心を癒してくれる玉サバを作ることを目的とする。

写真の館

画像掲示板

最新記事

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード