古志の玉は静かに暮らしたい

金魚飼育、旅行や趣味の日記

Entries

玉サバは暖かく暮らしたい

これは数日前の動画






除雪にはかかせない消雪パイプと井戸水


毎年この地域(平場)は私の身長くらいの雪が積もる。

近所では2回程度屋根の雪下ろしを行っていると思う。

家の周囲の道はこのように消雪パイプが道路に埋めてあり

降雪センサーにて自動で地下水が出るようになっている。

地下水は温度が高いので雪は直ぐに消えますが、

雪が連日断続的に降るときは、間に合わず流れ出るところしか消えなく

水が流れないところはどんどん積もります。

自宅に井戸があり地下水を利用している家ではこのように

玄関先や駐車場などの私有地の除雪を行っている。

ハンドのロータリーなどを使う家もありますが、平場はだいたい地下水で対応。

大雪のとき消雪パイプや井戸が無かった昔・・・

自宅の駐車場から国道へ車が出るまでが本当に大変でした。




冬の玉サバの暮らし


家は飼育数が多く全て屋内に入れる事が出来ないので、

屋内設置できる水槽の台数分の玉サバしか入れる事が出来なく。

その他の玉サバは、屋外の手作りハウスのプラ舟になります。

経済力があれば、しっかりとした金魚小屋を作って

対応したいのですが無理。

今、出来ることは明け2歳の水槽のみヒーターで加温し増体を目指すくらい

それも電気料金が格段に高い

全ての玉サバが暖かい快適な暮らしが出来ればと思うのですが・・・

今この時期の水温は、

屋外ハウスプラ舟の水温=0~5℃

屋内の玄関水槽の水温=7~10℃

10℃を切ると丸い個体では転覆する仔も出てきます。

10~13℃を切ったら餌はほとんど消化しないので、あたえないのが基本ですが、

私の玉サバの場合水温が8℃以上あれば

餌をふやかしタイミングを見て少しだけあたえてます。

将来はしっかりとした道楽小屋(私の隠れ部屋、玉サバや鯉を飼うスペース)を作りたい。



先日「金魚道」の編集長 大野成実さんが取材にいらっしゃいました。
その日は東京が大雪の時だったと思います。
東京が大雪だとだいたいこちらは晴れているときが多いと思います。
記事は、品評会の記事と合わせて3月か4月号くらいに掲載予定とのことです。



●金魚道 Kingyo,Do
発行・発売/大成企画・出版事業部
毎月25日発売
定価/525円(送料別) 
年間購読料:7200円
発行人・編集/ 大野成実
E-mail n-oono@sage.ocn.ne.jp




☆このブログの金魚画像等については基本的にコピー可です!じゃんじゃんコピーして下さい。ただし条件としてはご利用の状況等をご一報ご連絡下さい。つよ玉

☆ブログランキングに参加しています。
 ↓ 越後玉サバをメジャーにしたい為一押しお願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ
にほんブログ村

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.02/19 21:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

つよ玉

Author:つよ玉
素敵な玉サバを全国のみなさんに知っていただきたい!バランスの良い体型と精悍な顔立ち!疲れた心を癒してくれる玉サバを作ることを目的とする。

写真の館

画像掲示板

最新記事

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード