古志の玉は静かに暮らしたい

金魚飼育、旅行や趣味の日記

Entries

苦節7年

第7回玉サバ品評大会 結果一覧
T7結果

T7-Cha.jpg
第7回玉サバ品評大会チャンピオン魚オーナーの面々









Grand Champion
T7-GC.png


T7-GC.jpg
第7回玉サバ品評大会
全体総合優勝:Class TS3 玉サバ透明鱗の部 親魚 新潟県 阿部 剛さん持魚


T7-GC02.jpg
名称:ビッグダディー 雌ですが…   昨年のさば吉さんのビッグママの流れから~

T7-GC01.jpg

T7-Grand Champion
全体総合優勝:Class TS3 玉サバ透明鱗の部 親魚 新潟県 阿部 剛さん


苦節7年…
中越地震にて土砂崩れの影響で蓬平方面には太田川方面から入れず、小千谷側から山古志を通り金子養鯉場を目標に2月雪がモサモサと降る中、金子の親父さんに会いに行った事を思い出します。
素赤っぽい親魚を7匹購入し大切に育てその年の春には産卵させ飼育したことも思い出しました。
次の春、野池を作り産卵を成功しその年の当歳を第一回玉サバ品評大会に出品入賞し喜んでいた事を思い出しました。
あれから7年、3回目からは私が品評会を主催するようになり、私自身の気持ちの弱さから様々な苦闘もありました。毎年やめようと思いながらも、みなさんのご助言とご支援をいただき、皆さんの笑顔が見たく、曲がりなりにも、第7回目の玉サバ品評会を開くことが出来ました、これも、私を支えて下さいました澤井さんを始め、山長さん、金子さん、協賛協力を頂きました企業の皆様や個人参加愛好者の皆様のお蔭と思っております大変有難うございました。
さらなる上へシフトするため様々な感動と創造を盛り込み、地域地場産業の活性化を願い、今の現状を打破すべくきっかけとなるよう、玉サバ品評大会の目標に向かい邁進して行きたいと思います。
皆様有難う御座いました。










下記の各チャンピオン魚は
      個体名を冠して恥じない
   極上のサバ尾 
          極上の玉サバです!
          じっくりとご覧くださいませ











SA Category Champion
T7-SA-CaC.png

T7- Class SA Champion L Marushin
サバ尾部門 総合優勝:Class SA3 親魚 新潟県 丸新養鯉場さん持魚

T7- Class SA Campion R Marushin

T7-SA-Category Champion
サバ尾部門 総合優勝:Class SA3 親魚 新潟県 丸新養鯉場さん












SA3 Class Champion
T7-SA3.png

T7-SA3L Aoki
サバ尾部門 親魚 優等1席:Class SA3 新潟県 青木 盛司さん持魚

T7-SA3 R Aoki

T7-SA3.jpg
サバ尾部門 親魚 優等1席:Class SA3 新潟県 青木 盛司
                        (さば尾好きさん)












SA2 Class Champion
T7-SA2.png

T7-SA2L Marushin
サバ尾部門 2歳 優等1席:Class SA2 新潟県 丸新養鯉場さん持魚

T7-SA2R Marushin

T7-SA2.jpg
サバ尾部門 2歳 優等1席:Class SA2 新潟県 丸新養鯉場さん












SA1 Class Champion
T7-SA1.png

T7-SA1L Inada
サバ尾部門 当歳 優等1席:Class SA1 新潟県 稲田 浩一さん持魚

T7-SA1R Inada

T7-SA1.jpg
サバ尾部門 当歳 優等1席:Class SA1 新潟県 稲田 浩一さん














TN Category Champion
T7-TN-CaC.png

T7- Class TN Champion L Abe
玉サバ普通鱗部門 総合優勝:Class TN3 親魚 新潟県 阿部 剛さん持魚

T7- Class TN Champion R Abe

T7-TN-Category Champion
玉サバ普通鱗部門 総合優勝:Class TN3 親魚 新潟県 阿部 剛
                          (つよ玉さん)













TN3 Class Champion
T7-TN3.png

T7-TN3L Aoki
玉サバ普通鱗部門 親魚 優等1席:Class TN3 新潟県 青木 盛司さん持魚

T7-TN3R Aoki

T7-TN3.jpg
玉サバ普通鱗部門 親魚 優等1席:Class TN3 新潟県 青木 盛司 
                         (さば尾好きさん)
                  















TN2 Class Champion
T7-TN2a.png
T7-TN2b.png

T7-TN2L Inada
玉サバ普通鱗部門 2歳 優等1席:Class TN2 新潟県 中西 勝也さん持魚

T7-TN2R Inada

T7-TN2.jpg
玉サバ普通鱗部門 2歳 優等1席:Class TN2 新潟県 中西 勝也さん













TN1 Class Champion
T7-TN1.png

T7-TN1L Izawa
玉サバ普通鱗部門 当歳 優等1席:Class TN1 新潟県 井澤 敏幸さん持魚

T7-TN1R Izawa


T7-TN1.jpg
玉サバ普通鱗部門 当歳 優等1席:Class TN1 新潟県 井澤 敏幸
                      (ジャイアント・サバさん)















TS Category Champion
T7-TS-CaC.png

T7- Class TS Champion L Abe
玉サバ透明鱗部門 総合優勝:Class TS3 親魚 新潟県 阿部 剛さん持魚

T7- Class TS Champion R Abe

T7-TS-Category Champion
玉サバ透明鱗部門 総合優勝:Class TS3 親魚 新潟県 阿部 剛
                           (つよ玉さん)















TS3 Class Champion
T7-TS3.png

T7-TS3L Sawai
玉サバ透明鱗部門 親魚 優等1席:Class TS3 東京都 澤井 清重さん持魚

T7 TS3R Sawai

T7-TS3.jpg
玉サバ透明鱗部門 親魚 優等1席:Class TS3 東京都 澤井 清重
                         (玉サバ大好きさん)
















TS2 Class Champion
T7-TS2.png


T7-TS2L Takahashi
玉サバ透明鱗部門 2歳 優等1席:Class TS2 新潟県 高橋 孝夫さん持魚

T7-TS2R Takahashi

T7-TS2.jpg
玉サバ透明鱗部門 2歳 優等1席:Class TS2 新潟県 高橋 孝夫
                            (さば吉さん)














TS1 Class Champion
T7-TS1.png


T7-TS1L Ono
玉サバ透明鱗部門 当歳 優等1席:Class TS1 福島県 小野 貴裕さん持魚


T7-TS1R Ono

T7-TS1.jpg
玉サバ透明鱗部門 当歳 優等1席:Class TS1 福島県 小野 貴裕
                            (イエモンさん)












特別賞 Special Award
T7-SA.png


T7-AS-T01.jpg
特別賞 岩野 誠 新潟県 Class TS1 玉サバ透明鱗の部 当歳 


T7-SA-T02.jpg
特別賞 丸新養鯉場 新潟県 Class SA3 サバ尾の部 親魚


T7-SA-T03.jpg
特別賞 佐藤 学(まな玉さん) 新潟県 Class TN2 玉サバ普通鱗の部 2歳













これからが本番!おめでとうございます
T7-Iwano.jpg
努力のおかげで3年目にして初入賞
    玉サバ透明鱗の部 Class TS1 優等3席 と 特別賞を獲得された 新潟県 岩野 誠さん











惜しくも入賞は逃しましたが!やる気スイッチが入り心が燃えてる初出場のみなさん
T7-SPA.jpg
左:新潟県 春山 哲也(Kingyoman13さん)
   中央:山形県 藤原 孝廣(庄内玉サバさん) 
         右:山形県 東村 康弘(やまがたパパさん)



T7-SPA2.jpg
新潟県 栃尾 てまり玉サバ倶楽部 原田 儀一(金魚のお医者さん)













T7-ZEN.jpg
終了後:サバ尾玉サバが好きで好きでたまらない面々の集合写真








第7回玉サバ品評大会 スナップ写真

T7-JB.jpg





T7-JC.jpg





T7-JD.jpg





T7-JE.jpg





T7-KA.jpg






T7-KB.jpg





T7-LA.jpg





T7-MA.jpg





T7-MB.jpg





T7-MC.jpg





T7-OA.jpg












お疲れさん会/懇親会にて
T7-Z01.jpg
多大なるご協力とご協賛をいただいております津田 守さん



玉サバに対する愛情と熱意は誰にも負けない素晴らしいものがあります



T7-Z02.jpg



飼育の極意をお話しする澤井さん



T7-Z03.jpg
津田様、最後まで撤収のお手伝いをしていただきありがとうございました。


津田 守様からは大変貴重なお話をいただき大変勉強になりました



T7-Z04.jpg



和気藹々とお話を楽しむ 山形県 東村 康弘(やまがたパパさん)




T7-Z05.jpg



お腹いっぱい食べて飲んでって感じですね…




協力・協賛企業
T7-NA.jpg

参加者スタッフ一同心よりお礼申し上げます

大変ありがとうございました















今年も全国各地から下条町公民館に20万人くらい?

かな?…

あっ30万人くらい?

お客様がいらっしゃいました

皆さんからの元気と激励をいただきましてありがとうございます!

参加スタッフ一同大変感謝しております

ありがとうございました

↓ご記帳の一部を公開いたしました
T7K6.jpg




T7K4.jpg





T7K5.jpg







T7K7.jpg





T7K8.jpg





T7K9.jpg


みなさんご記帳ありがとうございました

住所をしっかりご記入の方には

毎年開催のご連絡をさせていただきますので

宜しくお願いいたします。














最後に


今回の品評会は夏の天候の影響から大きい魚が目立つ大会となりました
大きくすることも一つのテクニックでありますが金魚の基本であります形を軽視してはいけないことを改めて感じました。好みにもよりますが金魚は、まず、形そして柄です。それは、ブランド力の向上を考えた時、お客様のニーズを捉えた重要な要因の一つであり、特に玉サバに関しては上下の体高がある魚が大切なのです。転覆するではないかと言う方もいらしゃいますが、そうではなく、転覆するなら、しない魚を作ればよいのです、尾筒の位置がそのヒントになります。素行錯誤してもっといい玉サバを創造するのです。
 この辺をもう一度考えて見てはいかがでしょうか。むかしながらの玉サバも素晴らしい魚であることは間違いありません、私たちは、もっと先を見ていかなくてはならないのです。ただ、忘れてはならないことは、越後の玉サバの良さを理解し引き継ぐことも重要です。それは、サバ尾等の野性味、深い紅質や鱗キワの素晴らしさ、今日の養鯉場生産の玉サバも素晴らしい紅質を継承した魚が多数存在しております。
 ですが、さらにそれを追及した形で今後、転覆等ウィークポイントが無いスーパー玉サバに継承し合わせて創造し行くことが愛好者や地元生産者には必要なことではないでしょうか。越後の技術と粘り強さで必ず達成できることと私は思います。
 今回、第7回の玉サバ品評大会を無事に終了するにあたり、多大なるご協力・協賛をいただきました各企業団体個人の皆様ありがとうございました。また、品評会の進行のお手伝いをしてくださいました玉サバ愛好会の皆様ありがとうございました。
 玉サバがまだ誰もしらない時代、孤軍たった独り新潟入りし調査され、玉サバをこれほどまでに新潟の玉サバとして全国の土俵に上げていただき宣伝活動され、新潟の玉サバを誰よりも愛した先駆者様本当にありがとうございました。


これからも皆さんと力を合わせ頑張りたいと思います。


Tamasaba Japan つよ玉











☆ブログランキングに参加しています。
 ↓ 越後玉サバをメジャーにしたい為一押しお願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ
にほんブログ村

*Comment

お疲れ様でした。 

つよ玉さん、お疲れ様でした&全体総合優勝おめでとうございます。遠方からの来場者も大勢おられてすごい品評会になってきましたね。この品評会を長く続けられるよう微力ながらできるだけのサポートをしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。                 さて、ビッグ ダディくん、とても尾の綺麗な魚でしたね。あの大きさまで育てて癖も傷もない極上の尾をキープすることは並大抵じゃない苦労と愛情をそそがなければできることではないと思います。体型は本来目指されている体型とは少しちがうのかな?とおもいました。まあなんにせよ超一級品であることには間違いないですよね。でかくて綺麗な玉サバは自分にとっては憧れでありロマンであります。あまりでかいと金魚っぽくない、ちょっと引いてしまうという感想を持たれるかたも中にはおられるかとは思いますがどんぶり×2サイズに育つのも玉サバの特徴の一つなのですから超でかで綺麗な玉サバめざしてまたがんばっていきましょう。                             デカ玉サバ目指すと言ったばかりでなんですが私のチビ玉狙いどうり当歳一席頂くことができてうれしかったです。名前は紅白でチビなので「サンダー・ライガー」と命名したいとおもいます。
               
  • posted by ジャイアント・サバ 
  • URL 
  • 2013.11/05 20:05分 
  • [Edit]

NoTitle 

あたりまえだけど、どの子もきれいですねぇ。
特にサバ尾部門の子たちの上見を想像すると・・・こりゃタマラン!
  • posted by チャボスK 
  • URL 
  • 2013.11/05 21:50分 
  • [Edit]

 

つよ玉様

こんばんは。
玉サバ品評会の運営お疲れ様でした。また、素晴らしい玉サバで、総合優勝おめでとうございました。
品評会に参加させて頂き、想像をはるかに越える素晴らしい金魚に圧倒されました。
私も、近い将来、自家産の魚で再エントリーしたいものです。
なんといっても、憧れの愛好家の方にお目にかかれたこと、お話できたことが嬉しかったです。

ありがとうございました。

kingyoman13
  • posted by kingyoman13 
  • URL 
  • 2013.11/05 22:52分 
  • [Edit]

NoTitle 

つよ玉さん、奥様、こんばんは!
品評会では、大変おせわになり、ありがとうございました。<m(__)m>
そして、総合優勝おめでとうございます!!

品評会へは、全国各地から見学者が来られ、出品魚もすばらしい魚ばかりで、とてもすばらしい大会でした。

懇親会では、みなさんの玉さば・さば尾に対する情熱に触れることができ、また、大変勉強になり、自分もさらに燃えてきました(^○^)

来年は入賞目指しがんばりまっす!!

ps.入賞魚の画像使って良いですか?fbに乗せたいと思います。
  • posted by やまがたぱぱ 
  • URL 
  • 2013.11/05 23:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

おめでとう つよ玉さん!
総合優勝すごいね~! 感動だわ!
嬉しいでしょう。 奥様も喜んでるよね~(^O^)
30万人も来てくれたのね?(笑) 
年々人が増えているのでしょう。参加者も増えてるのね。
世界が広がるね~。楽しみですね。
これからもがんばってくださいね! 
奥様の応援も大事よね。奥様もがんばれ~(^O^)
  • posted by なっちゃん 
  • URL 
  • 2013.11/07 13:25分 
  • [Edit]

NoTitle 

ジャイアント・サバさんお疲れ様でした(^o^)
こちらこそお手伝い有難うございました。大変助かりました。あの魚ビッグダディは2009年度産で金子系の透明鱗の血を引いた魚です。当歳の時から大きかったのですが少し長めで私の理想とは違う体型でしたので品評会には今まで出しませんでした。年々大きくなり今年は30㎝を越えようという勢いで、雌で大きな卵を産むし、紅と白のコントラストがよく質は最上級でしたのでずっと、私のコレクションとして飼育し楽しんでました。普通鱗の総合の子が2010年度産で尾筒が少し高いのですが、理想に近い体型ですが紅の質があまり良くないのが欠点です。ですが、あの体のラインと顔は理想に近いですね。TN1のサンダーライガー素晴らしい魚ですね来年更に磨きをかけ、サンダーライガーのスーツのような柄が更に光輝く事でしょう。
つよ玉
  • posted by つよ玉 
  • URL 
  • 2013.11/09 17:38分 
  • [Edit]

NoTitle 

チャボスKさんこんばんは

サバ尾部門の上見を今年は絶対に撮ると考えていたんですが、忙しくて忘れてしまいました。あのくらいになると大きな水槽でしか飼えないし、池で鯉と飼っても負けないって感じですね。年々サバ尾のレベルが上がってます、ただ、理想の形は今後追及していかなくてはならないと思います。今後のサバ尾の進化に期待!

つよ玉
  • posted by つよ玉 
  • URL 
  • 2013.11/09 17:50分 
  • [Edit]

NoTitle 

Kingyoman13さんこんばんは

こちらこそ有難う御座いました。
もっとお話がしたかったのですが忙しくて残念でした
近い将来?ん?来年ですよね!ハハハ
自家繁殖されていらっしやるのでしたら
来年の品評会に向け、
他の愛好家の皆さんは既にスタートしております
今頃水槽飼育の方は、ヒーターを準備し餌をガンガンやっていると思われます
冬場に餌をやればライバルに差をつけることが出来ますから
また来年お待ちしております

つよ玉
  • posted by つよ玉 
  • URL 
  • 2013.11/09 18:00分 
  • [Edit]

NoTitle 

やまがたパパさんこんばんは

こちらこそありがとうございました
飲み会楽しかったですね、また、金魚談義したいな~

冬場はヒーターで温度を上げて餌ガンガンで春まで☆にしなければ
相当大きく出来ますよ、肩が盛り上がりめり込み、腹はポンポンになりますね
春には最高の魚になりますよ
その子を種に使うのも良いでしょう
他の愛好家の魚に差をつける為には冬場の給餌は必要になります
水槽飼育の愛好家の方々のテクニックいろいろありますから…
来年もお待ちしております

つよ玉
  • posted by つよ玉 
  • URL 
  • 2013.11/09 18:11分 
  • [Edit]

NoTitle 

なっちゃんさんこんばんは

日本野鳥の会の方の調べによりますと60万人の人出という報告が…(笑)
ありがとうございます。
今回は奥さんにお手伝いをお願いいたしました
今二人で体調を崩してしまい大変です
みのさんと都会を飛び出し冬眠準備の忙しい新潟に遊びに来てください
あと一か月もしないうちに本当に冬眠に入ります

つよ玉
  • posted by つよ玉 
  • URL 
  • 2013.11/09 18:50分 
  • [Edit]

NoTitle 

つよ玉さん、おめでとうございます!!!!

実は最初に品評会のブログを確認していたのですが、私ごときがお祝いの第一声とするわけにいかず、落ち着くまで待っておりました。

やりましたね!
ものすごく嬉しいです、つよ玉さんの総合優勝。

いつも主催いただいて、頭の下がる思いと「なぜつよ玉さんは総合優勝してないの?」でしたから、今回はたまらんです。

来年は「おつかれさん会」に参加し、皆さんと玉さば談義してみたいです!!

NoTitle 

さば吉さんこんばんは

総合優勝は実力がなかったことと、私のエゴが強すぎたこともありますね。
結局その年の出来と前年度の優勝魚の流れで魚の方向性が変わり入賞魚の筋が決まってくると思います。
 来年は東京都の玉サバ大好きさんが2歳魚で必ず全体総合を狙ってくると思われす。2歳は全部持ってかれそうですね。お話を聞くと来年に向けての気合が全然違いましたので、多分品評会史上最高の2歳を連れてくると思われます。
 ですが、我々も黙っていられないですよね、丸新さん青木さんの玉が良い玉サバが2歳・親魚になる頃と思われますし、今年の雰囲気からすると今は柄の良い系統が上位をしめていますが、来年からは、「2歳魚の乱」にて、その後3年くらいはレベルが飛躍的に上がり、それだけでは入賞しづらくなるでしょう、上下動ある激しい入賞争いにもなると思まれます。
 こんなこと考えると、さらにワクワクと楽しくなってきましたね。
また来年もさば吉さんの素晴らしい魚をお見せください宜しくお願いいたします。
つよ玉
  • posted by つよ玉 
  • URL 
  • 2013.11/10 21:46分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

つよ玉

Author:つよ玉
素敵な玉サバを全国のみなさんに知っていただきたい!バランスの良い体型と精悍な顔立ち!疲れた心を癒してくれる玉サバを作ることを目的とする。

写真の館

画像掲示板

最新記事

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード