古志の玉は静かに暮らしたい

金魚飼育、旅行や趣味の日記

Entries

越後玉サバ・俺の勝手に妄想 Part1

この前妻にプロフィールの幻の古志錦ってなに?

と聞かれ、俺もわからないけど、自分流の玉サバを作れたらそんな名前にしたいと言ったら
何で幻なのと聞かれ、「なんか今まで存在したかのような記述じゃん」と指摘され!
「幻で終わるかもしれないからいいんだよ!」とごまかした。

そこで、越後玉サバってどんな形?

歴史抜きでは語れないけど、今回は抜きで・・・

自分が目標とする越後玉サバを、現状の玉サバの写真から考えて見ました。


越後玉サバ・古志錦を考える


●越後玉サバ:自分流・・・古志錦を考えると

紫の部分の顔の上下幅が体高の30%以下であることが必要で、写真1の魚は特に肩とのつなぎ目がはっきりしているのですばらしく、逆に写真2ではつなぎ目はあいまいになっている。優良魚では口が上に向いていること等、つまり、紫とピンクのつなぎ目の段差が大きいこと写真4のように緑ラインがくっきりと表れていることが必要。尾筒に関しては前後方向に見た場合短いことが必要。腹の青ライン・背の黄ラインの形状も大切で、特に腹の青ラインは大きく、ふっくらとしている事が必要。尾ビレの形状も大切で写真3の魚は、幅が広くやさいしい感じのサバ尾ですがシャープで長いテールが私は好み。今回は形だけを取上げましたが、色彩・鱗の形質・遺伝などは次回 Part2で妄想と考察を・・・

こんなことで、自分流の越後玉サバの形状については骨格のしっかりとした玉サバを作って行きたいと日々思う。


え☆ブログランキングに参加しています。
 ↓ 越後玉サバをメジャーにしたい為一押しお願いします。

日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kositamasizukakurasu.blog73.fc2.com/tb.php/29-392b4828

左サイドMenu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

つよ玉

Author:つよ玉
素敵な玉サバを全国のみなさんに知っていただきたい!バランスの良い体型と精悍な顔立ち!疲れた心を癒してくれる玉サバを作ることを目的とする。

写真の館

画像掲示板

最新記事

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード