古志の玉は静かに暮らしたい

金魚飼育、旅行や趣味の日記

Entries

当歳池選別

猛暑の中!当歳池の選別を行った
20140725A.jpg
手作りの地引網を使い時間短縮を狙う




問題点として昨年までは網の下側にはチェーンが入っており網の下からは逃げないようになっているのですが、浮が無かったため棒を池底に刺してその棒に網をひっかけて水面から逃げないようにしていたため、網を引いて追い込む度に棒を差し替えなければならなく時間がかかっていました


20140725B.jpg
今年はその対策として塩ビを浮として網に固定し使用した





その結果、塩ビが上手く網を浮かせ池に何回も足を入れることなくスムーズに地引網を引き当歳魚を集め囲う事が出来た
そのおかげで、池の中を歩くことで泥が上がり当歳が酸欠になることなくスムーズに作業が出来た

しかし…塩ビとチェーンが重く陸上での運搬が大変

でも・・・本物の地引網の10分の1以下の値で作製したので良しとする











●野池の当歳魚
20140725C.jpg






水槽と違いやぱり網のキラキラがしっかり出てくれます




20140725D.jpg



大きさはプラ飼育の子達を追い越している











●ここからはプラ飼育の当歳
20140725E.jpg
普通鱗(退色が早い個体)




20140725F.jpg



平均しても野池飼育の子達より少し小さい











●普通鱗(退色が遅い個体)
20140725G.jpg





観察すると尾や各鰭に紅が入った個体が多く柄も悪くないようである、今までは退色の遅い個体は素赤や素白が多いイメージであったが、今回の場合そうでもないようです





20140725H.jpg



退色の遅い個体は遺伝子的に退行したイメージがあるが、尾や各鰭に紅が入っている個体が多いことからも、それを証明しているのかもしれません  この中に逸品魚いますね・・・!

この中に猩々玉サバがいるかも? いや?いないですね










●透明鱗(透明×透明)
20140725I.jpg





ある程度品質がそろってます





20140725J.jpg












●透明鱗(普通×普通)
20140725K.jpg



親に似て体高あります

いい感じになってきました



20140725L.jpg


今年はプラ水槽と同じで野池の浄化のキャパを超え

水がやばくなったら水を抜いて新水を入れる方法を行っている

今のところそれが上手く行っているので途中で放流したプラ舟当歳は野池では大量の★にはなっていない

褪色の遅い当歳(遺伝的に強い個体と判断)はこの選別のタイミングで放流した

あとは残りの当歳を野池に入れるタイミングだけである







☆ブログランキングに参加しています。
 ↓ 越後の玉サバ・サバ尾をメジャーにしたい為一押しお願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ
にほんブログ村

*Comment

 

今日は訪問させて頂きありがとうございました(^○^)
うらやましい環境での飼育に魚への熱い思いに良い刺激を受けました( ´ ▽ ` )ノ
秋が楽しみですね♫
  • posted by 吉岡 
  • URL 
  • 2014.07/26 16:49分 
  • [Edit]

NoTitle 

吉岡さんこんばんは(^o^)


こちらこそありがとうございました

吉岡さんの玉サバへの情熱しっかり受け止めました

良い玉サバを創造し楽しんで行きましょう

家が近いので

私がいるときは何時でも遊びに来てください!(^^)!


つよ玉
  • posted by つよ玉 
  • URL 
  • 2014.07/26 18:53分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.07/26 19:32分 
  • [Edit]

NoTitle 

つよ玉さんまいどです。ほんと今日は暑かったですね。
選別ご苦労様でした。良い個体が沢山で羨ましいですね。うちはとりあえず150匹ほど残した中でまとも(自分的に)なものが10匹です。そのなかにつよ玉さんの子に対抗できそうな子はいまんね。はははは・・・・(涙)飼育環境のキャパと技術が違うのでしょうがないですね。
自分なりのベストを尽くして品評会までがんばっていこうとおもいました。
  • posted by ジャイアント・サバ 
  • URL 
  • 2014.07/26 21:01分 
  • [Edit]

NoTitle 

ジャイアント・サバさんおはようございます<(_ _)>


熱中症寸前でした

シャワーを浴びたように汗が出てきましたよ

野池の水温でも32℃だったので

上げたプラ舟の水温もそれ以上だったと思われます

当歳魚は相当なストレスだったのではないでしょうか


キャパはともかく水槽飼育の技術はJサバさんにはかないませんよ

でも、昨年のように当歳もこれからどうなるかわかりませんから・・・

私も品評会に向けベストを尽くすのみです


つよ玉
  • posted by つよ玉 
  • URL 
  • 2014.07/27 05:12分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.07/28 17:52分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

つよ玉

Author:つよ玉
素敵な玉サバを全国のみなさんに知っていただきたい!バランスの良い体型と精悍な顔立ち!疲れた心を癒してくれる玉サバを作ることを目的とする。

写真の館

画像掲示板

最新記事

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード