古志の玉は静かに暮らしたい

金魚飼育、旅行や趣味の日記

Entries

年末の水換え

体調が悪くインフルエンザと思われましたが、そうではなかったので一安心。
すっかり熱も下がり、今日は久しぶりの晴天なので今年最後の水換えを行いました。
この時期は飼育水が綺麗でも3週間に最低1回は水換えを行います。


20141228a.jpg
透明鱗当歳の水槽:モンモリロナイトが汚れてます




屋内の玄関水槽の水温は8℃、屋外のプラ舟は3℃であった。
プラ舟は今期最低水温を更新、手作りハウスなので、
すきま風が入り込んだり、また、プラ舟には寒冷対策は
何もしていないので言うまでもありません。




20141228ab.jpg
普通鱗当歳の水槽:光が入りにくい水槽なのでガラス内部が綺麗





昔は10℃を下回ると転覆する魚が多数いましたが、交配時には意図的に、
転覆しないような魚作りを一つの目標として行っていることや、
また、今年は池をもう一つ増やしたことで野池の浄化能力に余力が出来たことで
水質が安定し、魚へ野池のダメージが軽減されたことなど、





20141228b.jpg
普通鱗当歳の水槽




その他、野池の水質を悪化させないための諸々の対策を行った結果、
池揚げ時の魚の体調が前年度よりも、まあ、今までで一番良かったためか、
冬場の低水温時の転覆や逆立ち横転など影響が少なかったのではと思われます。





20141228c.jpg
販売水槽:一番光が良く当たる場所に設置してあります




まあ、数匹の魚は池揚げ時からのダメージによる疾患により
そのようになっている魚もおりますが年々と少なくなっている。





20141228d.jpg
販売水槽:数が多くいますので5割程度水を換えてます 





今日実際に行った作業にて、屋内水槽では8℃の水を3割程度抜いて、
浄水器にて5℃程度の水を補給し、モンモリロナイトに付いた茶色の吸着物、
もしくは、濾過バクテリアを金属タワシで擦り洗いを行い水槽に戻しました。





20141228e.jpg
透明鱗当歳の水槽:洗ったばかりのモンモリロナイトが白く光り綺麗






屋外プラ水槽でも3℃の水を3割程度抜いて、
浄水器にて5℃程度の水を補給しました。
久々に太陽光が当たってましたので、実施後のハウス内の温度は
上昇すると共に水温も6℃まで上がりました。





20141228g.jpg
透明鱗当歳の水槽:新水が入り喜んで泳いでますが、給水直後の水温は6~7℃まで下がる





思った通り、濾過Boxも急激なハウス内の温度が上がったことで、
ウールに固着した濾過バクテリアの急激な繁殖による目詰まり、
もしくは、それによるガスの発生により、
濾過Boxの蓋が持ち上がる現象が見られました。





20141228f.jpg
屋外のプラ舟のある手作りハウス:濾過ポンプから塩ビを通して外へ水を排水してます。
今の時期の屋外は水温を見ながら餌を与えて、ポンプで水を落として
水の流れを止めないように半冬眠のような形で飼育します





その場合は、ウールを絞り洗いを行い目詰まりを取ってやるか、
弾力が無い場合は、ウールを新品に取り換えることが必要なのですが、
今回は日々状態を確認をしているので来年に後回しにすることにしました。







親魚水槽の水換えの動画





転覆の話に戻るのですが、
私が考えるに、転覆する可能性がある要因として、
①魚の形、②内臓疾患やその他の疾患、③水温と水深、④環境や水質の急変、
この要素ごとに対策を継続的に実施することで
転覆や逆立ち横転といった現象を起こりにくくすることは可能ではないでしょうか。





透明鱗当歳水槽の水換えの動画




手っとり早く③飼育水温を高く設定すれば、そんなことにはならないのですが、
玉サバの伝統を守るためにも、飼育地域の気候風土で
飼育を行いたいと考えておりますので、
他の要素を主に地道に継続的に改善を行っていく事が必要と考えます。









☆ブログランキングに参加しています。
 ↓ 越後の玉サバ・サバ尾をメジャーにしたい為一押しお願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ
にほんブログ村

*Comment

NoTitle 

つよ玉さんこんばんは(^_^)

どの水槽も水の状態が良くて素晴らしいですね(^_^)

転覆はこの時期に良く見られる厄介な症状ですよね。
うちのは一匹縦になったりしてますが、それ以外は元気に泳いでいます。

出来る事なら加温しないで冬を乗り切れる個体を創っていきたいですね
  • posted by きみ玉 
  • URL 
  • 2014.12/30 17:37分 
  • [Edit]

NoTitle 

きみ玉さんこんばんは!(^^)!


ありがとうございます

聞くところによると地元の生産者では

冬場ボイラーにて加温し18℃くらいの水温にて

餌を普通にあたえながら越すそうです

私の玉サバは加温なしですから、

それよりは過酷な環境になります

当歳では期間を決め加温して増体飼育することも

ありますが今年はどうするか?


つよ玉

  • posted by つよ玉 
  • URL 
  • 2014.12/31 01:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

つよ玉

Author:つよ玉
素敵な玉サバを全国のみなさんに知っていただきたい!バランスの良い体型と精悍な顔立ち!疲れた心を癒してくれる玉サバを作ることを目的とする。

写真の館

画像掲示板

最新記事

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード